かんたん
デジタルエンタープライズ

truncus

truncus

企業をデジタルエンタープライズに導く
バックエンドプラットフォーム


truncus とは?

truncusはクラウドネイティブなエンタープライズバックエンドを実現するためのプラットフォームです


ドメインモデルを定義するだけで、データ操作・参照が可能なREST APIを構築できます。ORマッピングは必要ありません。

ユースケースを定義することで、SPA / PWAのバックエンドAPIやエンタープライズAPIを実現できます。

コンテナ、マイクロサービス、イミュータブルインフラストラクチャなどを技術を利用してクラウドのスケーラブルな能力を活用できます。

truncusの特徴

モデル駆動バックエンドプラットフォーム

企業が持っているプロセスや知識をモデル資産に変えて、アプリケーションを継続的に成長させるバックエンドプラットフォームです。 また、モデルはインフラ層でもそのままの形で保存しているため意識せず開発することができます。

ユースケースとモデル

システムのユースケースをAPI化し、ドメインモデルとビジネスルールによって堅牢性を高め、 企業またはユーザーが様々な場面で安全に簡単にデータを利用することができます。

エンタープライズモジュール

認証認可・承認プロセス・通知など企業に必要な水平領域の機能をエンタープライズモジュールとして提供します。 企業に不可欠な機能はニーズに合わせて拡充していきます。

マルチモデルデータベース

全ての業務の追跡やビッグデータの検索・分析、AIなど様々な利用シーンにおいて、 truncusは独自のモデルデータベースと既存のRDBMSやNoSQL、検索エンジンなどを連携させることで実現します。

なぜ、truncus?

データ駆動の組織であるために

ビジネスナレッジをユースケースとドメインモデルとして定義し、データとして集約します。 集約したデータをエンタープライズAPIを通して公開することで、会社全体でデータを活用することができます。

レガシーサイクルから脱却

モノリシックなレガシーシステムをマイクロサービスなどにより小さく段階的にクラウド化できます。 また、容易にパブリックインフラや将来性のある言語・ミドルウェア、最新のUIUXテクノロジーに変更でき、 モデルの鮮度を保ちつつレガシーサイクルから脱却します。

UI/UXに自由を

ローコード/ノーコードツールとは異なり、アプリケーションバックエンドをAPIとして提供します。 したがって、UI/UXは vue.js や React、Angular など自由に採用して、SPA/PWAを実現することができます。

コミュニケーションを円滑に

ユースケースとドメインモデルを利用して、ビジネス部門とIT部門が共通言語を構築することができます。 共通言語でコミュニケーションすることでデジタルの垣根を無くし、デジタル組織へ導くことができます。

truncusを使ったアプリケーション

プラントエンジニアリングのデジタルプラットフォーム構築
大手プラントエンジニアリング企業に truncus を導入。複雑なエンジニアリングBOMの実現、 モダナイゼーション、サイロ化に対する設計的なアプローチなど様々なユースケースを実現し、 現在はDX(デジタルトランスフォーメーション)基盤として利用範囲を拡大しています。
技術コンテンツ関連データベースとコンテンツプラットフォーム構想
大手出版社が運営する技術コンテンツ検索サービスのメタデータベースを構築。 企業や技術要素になどに関するメタデータを抽出し、データベースを構築。 Elasticserchを出口としてAPIプラグインを作成し、検索サービスを提供した。 また、`コンテンツのiTunes`として、膨大なコンテンツの更なる活用ステージを目指した。
タスク管理サンプルアプリ
デベロッパーズサイトでサイトで公開しているタスク管理のチュートリアルアプリ。

Mission of truncus

世界一便利なクラウドエコシステムの
プラットフォームを創り続ける

企業同士が平等に利益を得られる仕組みを構築し、 改善していけるように世界一便利なクラウドエコシステムの プラットフォームを創り続ける。